【2018】実写化『アニメ』『漫画』『小説』!恋愛ものが多め!超オススメ11作品Part.3

実写化した映画はかなり多く、ジャンルもそれぞれですが、比較的「恋愛」ものが多い気がします。

それほど「恋愛」が人気で需要があるんでしょうね。

前回「映画は教科書」と書きましたが、現実に近い「体験」をくれるのも映画の良いところだと思います。

それが、恋愛映画なら得られるものはかなり多いでしょう。

ただその作品に染まってしまうのは自分の価値観を変えてしまいかねないので、第三者目線でみるというのが楽しく見れる正しい「恋愛映画」の視聴方法だと思います。

君の膵臓を食べたい

タイトルとストーリーのギャップで話題を集めた住野よるの同名ベストセラー小説を実写映画化した青春ドラマ。高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに教師となった“僕”は、教え子の栗山と話すうちに、桜良と過ごした数カ月間の思い出をよみがえらせていく。高校時代の“僕”は、膵臓の病を抱える桜良の秘密の闘病日記を見つけたことをきっかけに、桜良と一緒に過ごすようになる。そして桜良の死から12年後、彼女の親友だった恭子もまた、結婚を目前に控え、桜良と過ごした日々を思い出していた。大人になった“僕”役を小栗旬、恭子役を北川景子がそれぞれ演じる。「黒崎くんの言いなりになんてならない」などの新鋭・月川翔監督がメガホンをとり、「ホットロード」「アオハライド」など青春映画に定評のある吉田智子が脚本を担当。

この映画の小説

タイトルのギャップが凄すぎて勝手に過激な想像を膨らませていましたが、良い意味で期待を裏切られました。ヒロインが難病に…というストーリーは毎回感動させられますが、今作も無事泣かされました(´・ω・`)終盤一気に切なさが押し寄せてくるのがクセになりそうです。浜辺美波の表情の変化が凄まじく、彼女を見るために見返してしまうほどの熱演には惚れます。あなたの大切な人に「君の膵臓を食べたい」と伝えてあげたくなりますよ(笑)

虹色デイズ

集英社「別冊マーガレット」に連載された水野美波原作の人気少女コミックを実写映画化し、性格も趣味もバラバラなイケメン男子高校生4人組の友情と恋を描いた青春ドラマ。ピュアで元気な愛されキャラのなっちゃん、チャラくて女好きなまっつん、物静かで超マイペースな秀才つよぽん、いつも笑顔だけど実はドSな恵ちゃんは、いつも一緒につるんでいる親友同士。4人はにぎやかで楽しい高校生活を送っていたが、恋に奥手ななっちゃんが同級生の杏奈に片思いしたことから、彼らの日常に変化が起こりはじめる。人気グループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於がなっちゃん役、「きょうのキラ君」の中川大志がまっつん役、「散歩する侵略者」の高杉真宙がつよぽん役、「キセキ あの日のソビト」の横浜流星が恵ちゃん役をそれぞれ演じる。「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE」の飯塚健が監督を務め、「君に届け」の根津理香とともに脚本も担当。

この映画のアニメ

若いなぁ~と思ってしまうほど、若さが爆発していますwとく現役の学生さんにぜひ観ていただきたいオススメの映画です!畑の中の一本道を自転車で走ったり、昔ながらの電車など雰囲気も注目の一つです。4人の男子高校生が恋愛や友情、悩みなど一つの作品に詰め込んだ日常系映画になっていますので、「男子高校生を見たい!」って方にはオススメですよw

俺物語!!

いかつい顔面と屈強な肉体を持った男が主人公という少女漫画としては異色の設定で人気を博す同名コミックを、NHK朝ドラ「花子とアン」や映画「HK 変態仮面」など幅広く活躍する鈴木亮平の主演で実写映画化。高校生離れした顔面と巨体を持つ剛田猛男は、豪傑かつ硬派な日本男児だが、心根は優しく純粋な高校1年生。その外見のせいで女子には恐れられているが、男子からの信頼は厚かった。そんな猛男は、親友のイケメン・砂川誠と一緒にいたある時、街中で危機に陥っていた女子高生・大和凛子を助ける。大和に一目ぼれした猛男だったが、後日、3人で再び会った際、大和は砂川のことが好きなのだと察する。落ち込みながらも大和と砂川の仲を取り持とうとする猛男だったが……。ファッション誌「nicola」モデルの永野芽郁がヒロインの大和に扮し、親友のイケメン・砂川役は「海街diary」「ヒロイン失格」など出演作の続く坂口健太郎。

この映画のアニメ

鈴木亮平の役作りが本当に素晴らしい。このために体作りをしたとか…。「素直で純粋な恋愛」とはこの主人公の事を指すんだろうなと思います。お互いの気持ちが噛み合わないときってこんなにもどかしく、愛おしく、駆け引きがこんなにも難しいものとは思っていませんでしたし、考えたことも無かったかも…。写っているだけで暑苦しい主人公が私は好きですwアニメならではの雰囲気作りもオススメですよ!

ニセコイ

f:id:showtime0247:20180920164318j:plain

(C)2018映画「ニセコイ」製作委員会

「週刊少年ジャンプ」で連載され人気を博したラブコメ漫画「ニセコイ」を、「黒崎くんの言いなりになんてならない」の中島健人&「覆面系ノイズ」の中条あやみの主演で実写映画化。極道組織「集英組」組長のひとり息子である一条楽は、勉強ひと筋でケンカが嫌いなごく普通の男子高校生。平凡な幸せを望む彼には、忘れられない初恋があった。幼い頃に出会った女の子と、将来再会したら結婚することを誓い合い、彼女は「鍵」、自分は「錠」のペンダントを肌身離さず持っていようと約束したのだ。ある朝、楽は登校中に門を飛び越えてきた転校生の女子・桐崎千棘から飛び蹴りをくらう。アメリカのギャング組織のひとり娘である彼女は暴力的で口が悪く、楽との相性は最悪だった。そんな2人が、親の組織同士の抗争を止めるため、強制的に恋人のフリをすることになってしまう。監督は「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の河合勇人。

この映画のアニメ

ジャンプで連載されていたこともあって「王道」。ストーリーは少女マンガ顔負けの「恋愛」もの。王道+恋愛により、男女問わず楽しめること間違いなしです!笑ってしまうギャクや甘酸っぱい恋愛がミックスされて先の展開を考えるのも楽しくなりそうです!原作は25巻で完結しているので、尺の短さが少し気になりますが、どのようにまとめてくるのか期待です!

orangeーオレンジー

「月刊アクション」連載の高野苺による人気コミック「orange」を実写映画化。未来の自分から届いた手紙をもとに、未来を変えるため奮闘する主人公の姿を描くファンタジックな青春群像劇で、NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインを演じた土屋太鳳と、その相手役となった山崎賢人が、再び主人公とその相手役という役どころで共演を果たした。高校2年生の春、高宮菜穂のもとに10年後の自分から一通の手紙が届く。そこには転校生の翔を好きになること、そして翔が1年後には死んでしまうということが書かれていた。最初はいたずらだと思った菜穂も、手紙に書かれていることが次々に起こると次第に手紙を信じるようになり、26歳の自分と同じ後悔を繰り返さないため、そして翔を救うため、運命を変えようと動き始める。

この映画の漫画

「頑張れ!頑張れ!」とみている側も応援したくなる作品。内気でなにかと我慢グセがついてしまっている菜穂が、何度も勇気を振り絞る心情は本当に切ないし、見てて面白い!未来を知っているという人物がいるだけで、こんなにストーリーが魅力的になるとは思っていませんでした。恋愛だけではなく、しっかり友情にも着目して進行するストーリーは共感できます。こんなキラキラした高校生活を送りたかった!

鋼の錬金術師

2001~10年に「月刊少年ガンガン」で連載され、テレビアニメ版も大ヒットを記録した荒川弘の人気コミック「鋼の錬金術師」を実写映画化。物質の構成や形状を変化させて新たなものに作り変える「錬金術」が存在する世界。幼い兄弟エドワードとアルフォンスは、死んだ母を生き返らせたい一心で錬金術最大の禁忌である人体錬成を行なうが失敗し、その代償としてエドワードは身体の一部を、アルフォンスは身体全てを失い鎧に魂を定着させた姿になってしまう。数年後、国家錬金術師の資格を得たエドワードは、失った身体を取り戻すため、絶大な力を持つという「賢者の石」を探す旅に出る。主人公エドワード役を実写版「暗殺教室」シリーズにも主演した「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が務め、ヒロインのウィンリィ役を本田翼、エドワードたちの良き理解者である若き士官マスタング役をディーン・フジオカがそれぞれ演じる。監督は「ピンポン」の曽利文彦。

この映画のアニメ

原作は最後まで本当に素晴らしい作品だっただけに、実写のハードルがかなり上がっていたかと思います。個人的には楽しませていただきました!原作の一部を実写化しているので、少し終わり方は違いますが、これはこれでオリジナリティがあって良かったです。錬金術の迫力はキッチリ再現されていてCGの凄さを実感させられました!山田涼介くんは等身大のエドかと思うくらいぴったりでした。個人的にホムンクルス側のキャストが特に好きw

オオカミ少女と黒王子

八田鮎子の同名人気コミックを二階堂ふみ、山崎賢人の主演で実写映画化。恋愛経験ゼロにもかかわらず、見栄っ張りで友達と架空の彼氏との恋愛話を語る「オオカミ少女」の篠原エリカ。街で見かけたイケメンの盗撮写真を自分の彼氏だと偽り、友達をやりすごそうとするが、写真の男は女子から絶大な人気を集めている同級生・佐田恭也だった。エリカは事情を打ち明け、恭也に彼氏のフリをすることを承諾してもらうが、その代わりにエリカが飲んだ条件は恭也の「犬」となること。人当たりがよく人気者の恭也の本性は、評判とは真逆の、腹黒で超がつくドSの「黒王子」だったのだ。かくして、偽装カップルとなったエリカと恭也だったが……。監督は「ストロボ・エッジ」「娚の一生」など少女コミックの映画化を数多く手がけている廣木隆一。

この映画の漫画

恋愛系映画の山崎賢人くんは「orange」のイメージが特に強かったので金髪ドSキャラに慣れるまでに少し戸惑ったwベタな展開がてんこ盛りで、終始ニヤニヤしてしまうがそれが以外に楽しく見れてしまう。「偽カップル」という、王道よりの少女マンガ的展開でストーリーはしっかりまとまっていて楽しめます!この黒王子がクセになる人も続出しそうな中毒性の高い映画です!

バクマン。

「デスノート」の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督のメガホンで実写映画化。高い画力に恵まれながらも夢を持たず普通の生活を送ってきた高校生の真城最高は、同じクラスの秀才・高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、思いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、敏腕編集者・服部に才能を認められ漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。最高役を佐藤健、秋人役を神木隆之介、亜豆役を「渇き。」の小松菜奈が演じ、共演には山田孝之、リリー・フランキー、宮藤官九郎ら個性派キャストが集結した。
この映画のアニメ

「少年マンガを書く少年マンガ映画」。本当の意味でマンガ好きにはたまらない作品になっております。漫画家を目指している方、これから目指す方、漫画家について知りたい方にオススメします!漫画家の世界が本当に難しいという現実を感じさせられるほど作品が現実を帯びています。とくに「漫画の1コマの作りこみってこんなに凄いのか」と驚きました。夢を追いかける高校生の姿が元気をくれます!

お前はまだグンマを知らない

「月刊コミック@バンチ」(新潮社刊)のウェブコミック配信サイト「くらげバンチ」で連載の井田ヒロトによる同名漫画を、「帝一の國」「トリガール!」など話題作への出演が続く人気若手俳優・間宮祥太朗の主演で実写ドラマ化した青春コメディ「お前はまだグンマを知らない」の劇場版。「ニッポン最後の秘境」「古代グンマー帝国」など、あることないことを散々に言われている群馬県に引っ越してきた高校生の神月は、独自の文化や郷土愛に満ちたクラスメイトたちに翻弄される日々。そんなある日、神月は学校一の美女・篠岡京に恋をするが、彼女もまた生粋のグンマ人だった。さらに神月は、グンマとライバル関係にある、トチギ、イバラキとの争いにも巻き込まれていき……。

この映画の漫画

「群馬めんどくせー!!」って思う笑いがたまらなくクセになりますw良い意味でくだらない映画でした!(笑)コメディ感がすごいんですが、役者さんが体張りすぎてちょっと心配するレベル(;´Д`)群馬に行かれる方はまず今作を見て「群馬の常識」を覚えていきましょうw

ハチミツとクローバー

羽海野チカ原作の大ヒットコミックを、櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介ほか豪華キャストで映画化。美大を舞台に、若者たちが繰り広げる“全員片思い”の恋愛模様を描く。浜美大に通う竹本は、いつもクールな真山や変わり者の森田らと共に楽しい学校生活を送っていた。ある日竹本は、華奢な体で一心不乱に絵を描く天才少女はぐみにひと目惚れしてしまう。監督は、「ライフ・カード」のCMなどを手掛けた人気CMディレクターの高田雅博。

この映画のアニメ

全員片思いのなんとももどかしい映画。蒼井優演じるふわふわしたキャラがすごい好きです!あと伊勢谷さんカッコいい。原作とは違うものと思うと楽しめると思います。それぞれの思いが交差する様は見ててもどかしくなります。不器用ながらも切磋琢磨していく様はこの映画の醍醐味といえます!

カイジ2~人生奪回ゲーム~

福本伸行の人気コミックを藤原竜也主演で実写映画化した「カイジ 人生逆転ゲーム」(2009)のシリーズ第2作。原作でも人気のエピソード「欲望の沼」をベースに、映画オリジナルのゲームを加えて描く。多額の借金を帳消しにしたカイジだったが、またしても借金まみれになってしまい、当たれば10億円以上を稼げるモンスターパチンコ台「沼」に挑戦することに。裏カジノの支配人で最大のライバルでもある一条聖也が裏で操る「沼」を攻略するため、カイジは同じ負け組仲間を集めてゲームに挑むが……。

この映画の漫画

カジノの運営側vsギャンブラ-。カイジの世界では確率操作なんて当たり前!裏の裏をかきながらの駆け引きは見ててハラハラします。伊勢谷祐介と藤原竜也の演技力は本当に迫力があります!ときどきアホすぎる行動が逆に緊迫感を与えてくれて面白い作品でした!