低収入なんて関係ない!つもり貯金のコツ!

f:id:showtime0247:20180625194126j:plain

 

 つもり貯金のコツ

 正社員なら収入が元からあってある程度まとまった金額を貯金できるけど、安いバイトやパートなどの収入だけの人は大変ですよね。生活費すらなんとか捻出してやりくりして、日々の生活だけで精一杯。そんな人ならこの貯金は良いかもしれません!

貯金は気持ちを積み立てていく

 一日100円づつ入れる!とかでも「いやいや、心の負担が大きいからできない!」と思う人もいると思います。

健康を害してまでする貯金では、その分が入院費にあてることになって本末転倒です。

なかには貯金が得意な人だと寄付金を貯金している方もいらっしゃるとか。

そんな方でも貯金に手を出してしまおうか迷う瞬間があるそうです。

「でも自分が使う貯金ではない」と我慢しているうちに自分の貯金に手を出すこともなくなったと言っていました。本当に気持ちを積み立てているんだなと感じさせられました!

貯金額が多すぎるとダメ!

 もっと目標額を低くすれば、誰でもできないことはないはずです!

自分が使うための貯金ならなおさらでしょう。
 私の場合、一日100円以上!と決めています。

この「以上!」というのがポイントです。100円という設定は本当に気持ちのお金なので、「よし、今日は200円でもいいかぁ」とか、「今日はあの買い物で浮いたから100円いれよう」とか、増やす分には全くいいことなので、気分よく投入できると思います。
 勿論、その日の気分の善し悪しでも左右されますが、とにかく最低100円なのだから、貯金なら難なくクリアできるはずです。
 「えー。100円って・・子供じゃあるまいし」と思っているあなた!それが結構貯まるので驚きます。

まぁ、年末に近くなると小銭で一杯にはなりますが、途中で適当にお札に替えたりしてもOK。小銭の量が好きな人はそのままモチベーションにしてもいいですね!

私はこの「つもり貯金」を初めて半年で15万円貯めました。もちろん「貯金なのに15万円ではなんともならん」と言う人は、もっと目標額を上げたらいいかもしれませんが、それも「継続性」を重視しての設定が大切だと思います。

この方法はあくまで収入源が少ない人向けコースなので。 

小銭はお札に変えてもOK!モチベーションと相談!

 私の場合、貯金箱が満タンになったら一度通帳に入れるようにしています。そんなに小銭を持って、一体どうやってお札に変えてもらえるの?と言う人、ご安心下さい。

自分の口座のある銀行の窓口に通帳と一緒に持参すると、ちゃんと機械計算や入金処理をしてくれます。ただこの場合、一つやっておかなければならないことがあります。

それは自宅で金額を数えてくるという作業です。

ちょっと地道な作業にはなりますが、慣れればそれも楽しめます。

 窓口に行くと、「だいたいでいいので、いくらくらいあるか、わかりますか。記入お願いします」と、入金用紙を渡されますので、そこにわかっている金額を記入します。

 ひょっとして数え間違いすることもありますが、窓口でお姉さんから
「実際には○○円でしたが、いいでしょうか」と確認伝言してくれますので、大丈夫です。 

私は手数料が無料でしたが、念のため手数料は銀行のホームページなどで確認するといいと思います!

自分のオリジナリティーを加えて楽しむ!

 つもり貯金のお金に「毎月のお給料から+1000円入れる」と決め、プラスして入れるなど+αを見つけるのも楽しむコツですね。たとえ+1000だけでも12ヶ月だと1万2千円にはなるので、あとはどこまで積もるか半分挑戦的な貯金と言えます。
 ほかにも「○○だから+100円」の○○の部分です。

例えば「今日のサッカー日本代表が勝ったから+100円」とか、「自分の成長」や「嬉しいこと」をお金に換算したらいくらぐらいだろうか、などと思惑してもいいわけです。この想像する時間、良かった出来事を思い出す習慣も、なかなかにいい事だと思いませんか。
 ただ、ここでも気をつけていることがあります。それは「にっこり笑えるような」プラスであることです。まぁ、嫌なことにお金を入れたくはならないものですから、念おしされるまでもないことですよね

自分なりの「つもり貯金」を見つけてみましょう!