合格率15%!介護支援専門員資格について

 

介護支援専門員資格について

介護支援専門員は通称ケアマネージャーといわれる資格です。
介護や看護の分野で5年以上の実務経験を有する者に受験資格が与えられます。
そのため誰もが受けられる試験ではありません。
ケアマネージャー試験は年に1回おこなわれており、合格率は毎年15%程です。

この資格は介護や看護の仕事をしている人におすすめです。
ケアマネージャー資格は主に介護保険法について理解し、介護保険法の基づいて仕事をするための資格です。
そのため介護の仕事をしている人におすすめなのは言うまでもありません。

看護の仕事をしている人にもおすすめなのは介護と看護は切っても切り離せない関係性にあるからです。

現在、超高齢社会となっている日本では平均寿命が延びたために高齢者が入院したり、医療機関にかかったりすることが多くあります。
その際に、自分たちの看護の分野だけでなく、看護士兼ケアマネージャーとして介護の分野も心得ているとより良い仕事ができると考えられるからです。

ケアマネージャーおすすめの勉強法

おすすめの勉強方法としては過去問題の反復学習です。
ケアマネージャー試験は全国統一の問題になっています。
不公平のないように試験も全国で同じ日になっています。
過去に出題された問題と全く同じ問題が再び出ることはありませんが、同じような意味合いの問題であれば出題されることがあります。
介護保険法の意味合いや解釈を問うためです。
そのため、過去問題を繰り返し解き進めて自分が介護保険法のどの部分に弱いのかを確認していくことが有効かと思います。
そして、その弱い部分については参考書やインターネットで知識を深めるという学習が効果的です。

ケアマネージャーで手当てアップ

ケアマネージャー資格を取得して得したことは自分の知識が深まったことや手当てが上がったことです。
実際にこの資格を取得し、ケアマネージャーとしての業務をおこなうことでそれまでよりも介護の仕事についての知識が深まります。
それにより、これまで以上にプロ意識をもって仕事ができます。
ケアマネージャー資格を取得すると手当てが上がるというのは、看護業界ではどうかわかりませんが、少なくとも介護業界ではほとんどがそうだと思います。

損したことというのはありません。
強いて言うなら、仕事の責任が上がったことでしょうか。
 人によってはその責任の大きさに損と思う人もいるかもしれません。

ケアマネージャー勉強期間と費用

試験を受けられるようになるまでの期間は上記のように5年で、勉強期間は1年もあれば十分かと思います。
 通信講座などは利用せず、過去問題だけを使い勉強した場合であれば、試験勉強に有した費用は3000円程度まで抑えられます。
ケアマネージャー試験の受験料自体は9000円程度になっています。

ケアマネージャー資格にチャレンジしてみてはどうでしょうか?