法律世界への入り口 宅地建物取引士

 

就職氷河期

 税理士や会計、要するに簿記関係の資格を取ろうと思って勉強をしていた期間がありました。

ずっと大学に在学していた時から、なぜか高校の頃は、数学が好きな人間だったのですが、大学が、商業系の学校でしたので最初、仕方なくやっていたのですが、ちょうど就職が氷河期に入って求人がありませんでした。

そこで、結局そういう関係にアルバイトをしていたのでそういう方面に進もうということになりました。

民法が仕事の役に立つ!

 いろいろ勉強をすると仕事に知識が、生かされるのでどんどんやっていったのですが、たいがい仕事が終わって専門学校の自習室か、大学の遅くまで空いている図書館に行って、勉強してました。

税理士に税法という科目があるのですが、そこに進むに連れて、法律とくに民法なども仕事などで必要だということを悟りました。

他の分野に関わることも多い仕事

 結局、資格で食べていると他の分野の相談などを受ける事が多いです。
例えば、家を処分となると税ということが重要になるのですが、そのことで宅建の先生から税理士の先生への相談やその逆の税理士の先生から宅建の先生への相談ということが多いです。

自然災害が多く固定資産、いわゆる土地の問題や建物の問題などそういう相談が増えています。

あまり、いいことではないのですが、困っている人が多いのも確かな事です。

また、宅建だからと土地取引や建物の取引ばかりではなく、いろいろな管理の仕事も多くいろいろと種類の多い仕事でもあることを会計事務所にいる時に感じました。

宅地建物取引士を学ぶ!通信?学校?

 宅地建物取引士は、基本的な法律をいろいろな方法で身に付けることが大事です。

たとえ、受かっても仕事が分からなければ意味がありません。

試験そのものは、問題のパターンを身に付けてしまえば受かります。

通信教育や学校、専門書などで身に付けるのもいいと思いますが、私のおすすめは、通信教育のほうがあってました。

学校に行くほうが強制的に勉強するという点、いいかもしれません。

学校、通信どちらでも仕事に関することなので基本は、しっかり勉強してください。

法律世界への入り口 宅地建物取引士

 宅建が、法律世界への入り口になっているのも事実です。

その先、行政書士や司法書士へ進む人も多くありません。

 それだけ法律の基本が宅地建物取引士の知識に詰まっているというのもあります。

法律を勉強する上での初心者向けの資格でもありますし、一生勉強が生かせる仕事でもあります。

そういう意味でも宅地建物取引士を勉強してはいかがでしょうか。